ブログ

斉藤グリーンからのお役立ち情報

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 最適な庭の手入れの頻度は?

最適な庭の手入れの頻度は?

立派な庭を手に入れたとしても、庭も生き物なので、当然お手入れが必要となります。
ではどれくらいの頻度でお手入れを行うのが理想的でしょうか?
理想の剪定ペースをお悩みの方に、造園会社が解説していきます!

年に1−2度の剪定ペースが基本

結論から言うと理想的には年に2回、最低でも年に1回の剪定をおすすめしています。
庭の広さや木の本数は基本的に関係ありませんが、木が多く落葉が気になる場合や庭が大きいので一度のお手入れではなかなか手入れをしきれないという場合は年に2,3回に分けて、掃除もあわせて行うことで1年を通してキレイな庭園を維持することが出来るでしょう。

季節は春から初夏がおすすめ

剪定の時期は、植物の元気のない冬を避け春や秋に行うことがおすすめです。
基本的には夏に生長期を迎える前に樹形を整えるのがベストです。特に生垣の場合は放ったらかしで生長期を越えると枝が絡まってより手入れが難しくなります。
また、落葉樹が中心の庭園の場合は落葉期に合わせての剪定を検討しましょう。それ以外にも季節独自の楽しみ方をする植物はそれに合わせて剪定シーズンもアレンジが必要です。

庭園ごとにご相談を

例えば、雪の多いシーズンや場所によっては「雪吊り」などの固有の対策が必要になります。
それ以外にも場所によって湧きやすい虫がいたり発生しやすい病気があったりと個別の事情によっても最適な頻度は多少異なります。

ご予算や庭園によって事情は異なるので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

関連記事